トップページ > 記事閲覧
てくのろじぃ
日時: 2005/04/22 17:55
名前: くぐり

 てくのろじぃ
                        くぐり


 時は2450年。未来の世界が広がっている世界。
ゲームだって、デパートだって、ハイテクに生まれ変わっている。
「ねぇ、もう帰ろう。」
「そうだよ、もう夕方だし…。」
子供の話し声もたくさん聞こえてくる。デパートのゲームセンターで、遊びすぎているのだろう。お金もみるみる減っているサイフが、子供達の手の中にあった。
 その中で、変な声も聞こえてきた。
「…だろ?そうなると、ここは、オレの家なんだ。」
この未来、タイムマシーンというものがあるのをご存知か…。この少年、タイムマシーンを利用して、2005年から遥々やってきたのである。その友達もいる。
「そっか、うちはあっちかな。」
女の子の声も聞こえる。
 少年は、パーカーにジーパン、キャップという未来でいう古い格好。彼等でいう着物である。少女もベストにプリーツスカートという普通の姿。
「ね、ちょっと散歩してみない?」
「そうだな、面白そうだし。」
二人は歩き始め、デパートに向かった。
 結構な広さである。2005年は小さいほど、ハイテクで、大きい。
「んあー、すっげー。」
見上げてばかりの二人を、未来人はクスクス笑う。古臭い服に、この反応では、笑われても可笑しくない。
「ちょっと……何か笑われてるよ。」
「…そっか、ここは未来だから…。」
二人は服屋へ直行。
「あの、何かいい服ありませんか?」
店員は目を丸くした。服装であろう。
「はい、少々お待ちください。」
動揺しながらも店の奥へ向かった。
 そうして持ってきたのが、未来服。
「オレのは、コレだよな。」
青と緑のシャツとズボン。スピーカーみたいな機械と、ボタンがいっぱい付いてる。まさしくハイテク。
「あたしのは、こっち。」
ピンクのパーカー風のシャツに、オレンジのスカート。こちらもハイテクそうなボタンやら何やらが付いている。
「面白そうな服だな。」
「そうね、なんだか未来の探検隊の制服みたいだわ。」
二人はそう言って、店を出ようとした。
「ちょっと待って!」
店員が呼び止めた。
「…?何でしょうか…?」
不思議そうに振り向いて。
「アンタら、過去から来たんだろ?」
よく見れば同じくらいの少年がカウンターに身をのりだしていた。
「…はい、2005年から。」
「やっぱりか。だからそんな古い服をねぇ。」
彼は黒い長めのシャツに、白いジャージ。普通の服装だった。
「何か、ひっかかる事でも?」
「ああ、過去のヤツらは最悪だって新聞の記事があったんだぜ。よくココまで無傷だったな。今の住人は、汚れきってる世界を過去のヤツらのせいだって、怒ってるワケなんだ。」
二人は彼の話に聞き惚れた。


「……そんなに汚れていたんだ…。」
「そうさ、ゴミは道いっぱいに捨ててあるし、川だって真っ茶色。」
「確かに…。2005年も困っていたわ。そういえば、森も何も無いけど…?」
「それなんだ。森林伐採のせいで、未来には森が無いどころか、木一本も無い。」
「か、川は?海は?  それはあるんだろ?」
「いぃや、無い。過去の災難が、皆未来に飛ばされて、この時代はハイテク(最高)であり、不愉快(最悪)だ。」
「未来は、明るく見えて実は何も無いのね…。」
2005年の悪さが、未来に響くのは皆知っているハズだ。それにも関わらず、バカげた事をする者がいる。未来の住人は怒っていない、激怒している。いや、それ以上だ。
 こうなるとは言い切れない。でも、なると予測はできる。
二人は、こう決めた。
未来にいる間、世界を変える。と。

 二人の世界変えは、今から始まるのである。
メンテ
Page: [1]

Re: てくのろじぃ ( No.1 )
日時: 2005/07/18 13:17
名前: 和矢

この小説おもしろいです
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存