トップページ > 記事閲覧
勇者の印
日時: 2005/08/08 19:19
名前: 兎菊

 私の弟は勇者だ。
「今度こそ≪勇者の印≫を取り返してやる!」
「あんたさ、ゲームも程々にしなよ」
 但し、ゲームの中の勇者だ。
 ある日、弟は私にこう言った。 
「運命の人が現れた!一緒に来てよ。」
私は何を言ってるのかさっぱり分からなかったが、くだらない冗談だと思ったので
「うん。分かった。」
と相槌を打っておいた。
 それから弟は何も言わなかったので、
‘やっぱりくだらない冗談じゃない’
と思いつつ自室にもどった。
「あいつにも困ったもんだよ。ゲームのやりすぎ!テレビ見れないじゃん。」
弟が居間から私を呼ぶ声が聞こえた。
「お姉ちゃん!!ちょっと来て!!」
かなり焦っているみたいだった。
「何!?あっ、運命の人ってのが現れたの〜?」
と、少し悪戯をしてからかってやった。
「違う、違うよ!!ふざけてないで早く!!」
「叫ばなくっても聞こえるっつうの!うるさいなー。」
やっぱりかなり焦っているようだ。私はしょうがなく居間の方に行った。
 居間に行くなり、弟が私の服の袖を引っ張った。弟の肩に、私の長い髪が掠った。窓が少し開いている。確か今日は夏一番の暑さだったはず。
 風が気持ちいい。暑く熱を持った肌に、少し冷たい風が心地良い。
「いきなり何なのあんたは!?引っ張んないでよ、伸びるじゃん。…?」
そして私はあるモノを見た。
「誰、この人…?美人…。もしかして…あんたの運命の人!?月と鼈じゃん!!」
とは言ったものの、弟は近所の人達から見ても「美人」と言わせる程の顔を持っている。つまり、「将来が楽しみねぇ〜」状態の顔なのだ。
「違うよ!僕のじゃなくてお姉ちゃんのだよ。」
呆れた。私はレズじゃない。
「ふざけないでよ!!!」
弟の顔に思いっきり座布団を叩き付けてやった。
「ふざけてないのに何すんのさぁ!?いきなりっ!」
思いっきりふざけてる。そう思ったから今度はゲンコツで殴ってやろうと思った。その矢先、
「三波さん…?」
弟の運命の人(私の推定)が私を呼んだ。
メンテ
Page: [1]

鼈って、すっぽん? ( No.4 )
日時: 2005/07/29 15:54
名前: 妃薙瀬ユウ

 私的には好きな文です。
 美人な弟、私も欲しい…。
というより、運命の人って、きっといるはず。
 いつか私の前にも現れるのだろうか?
ゲームやマンガの中から出てきたら、もう最高ですよねっ!!!
 いいなぁ、美人な弟v
  
 またコメント頂戴ね♪
メンテ
Re: 勇者の印 ( No.5 )
日時: 2005/08/06 16:40
名前: モモ。

みにゃーーーーーーーーーーーーー
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存